浮気 調査 群馬

浮気調査と言えば尾行

浮気調査と言えば、探偵。

 

探偵と言えば、尾行。

 

尾行をしなければ、浮気の調査は完結しません。

 

尾行には、どんな種類があるでしょうか?

 

● 徒歩による尾行
● 電車・バス・タクシーなどによる尾行
● 車・バイクによる尾行
● 複合的な尾行

 

 

 

徒歩による尾行

まずは、徒歩による尾行。

 

調査対象者の家を張り込んでいて、または勤務している会社付近で張り込んでいた場合。

 

出てきた対象者は、歩いて近くのバイ亭や駅まで向かうでしょう。

 

それをいかに気づかれずに尾行するかが探偵の腕の見せ所です。

 

人が多く歩いている雑踏の方が、尾行には都合が良いです。

 

雑踏の人並みに紛れて、人を隠れ蓑にできるからです。

 

直線の道路で対象者が確認できる場合は、少し距離を空けて尾行して、もし急に

 

振り返ったりした場合に、姿を見られないようにします。

 

そして、信号機や曲がり角に近付いた場合は、距離を縮めて見失わないようにします。

 

もし、同じ青信号のタイミングで交差点を渡れない場合は、調査対象者を目視で追い続けますが、

 

そのまま待っていては見失うと判断した場合は、安全に注意しながら、赤信号でも強行して渡ってしまいます。

 

雑踏から、人通りの少ない路地へと曲がったりした場合は注意が必要です。

 

距離を詰めて曲がると、そこで相手に振り向かれら、探偵としての姿を見られてしまいます。

 

その為、調査対象者が路地に入ったとしても、一旦は雑踏の中を直進しながら目視で相手の行方を確認します。

 

そして、安全を確認してから、すぐに戻って路地へと入るようにします。