浮気 調査 群馬

車輌による尾行は難しい!

車やバイク等、車輌による尾行は徒歩による尾行よりも難しいです。

 

また、交通事故を起こす恐れもあり、危険な仕事です。

 

難しい理由としては、次の理由が挙げられます。

 

● 徒歩のように後退・停止・横方向移動などが簡単にできない。

 

徒歩で調査対象者を尾行している時に急に立ち止まったり、振り返ったりされたら、こちらもそれに対応しなければ、

 

なりません。 自分も立ち止まったり、顔を伏せてタバコを吸う真似をしたり、勿論そのまま直進するという選択肢もあります。

 

それぞれの対応のどれも、うまく行えば調査対象者に怪しまれる事はないでしょう。

 

でも、車で車を尾行している時はどうでしょうか?

 

相手の車が急に路肩に停止した時に、こちらの車もその後方で路肩に停止すれば、怪しまれる可能性を1つ増やした事に

 

なります。 すぐにこの1回で感づかれる事はないとしても、停止する時・再発進する時にはバックミラーなどで後方を見る事が

 

多いで、一応視界には入ると思います。

 

それの繰り返しが、尾行されている、と感づかれる原因になるのです。

 

もし、停止をしないでそのまま直進した場合は、どうでしょうか?

 

調査対象が後ろ居る状態なので、尾行鉄則から外れてしまいます。

 

また、先に行って道路沿いの店の駐車場に車を入れて待ち、後から通り過ぎて行く対象車両を待つ事になります。

 

また、人がクルッと回って来た道を戻るように、走行車両が同じ道を戻ったり、バックするという事も現実的ではありません。

 

このように、車両による尾行は動きが制限されるので、難しいです。

 

 

● 人の背中には目が付いていないが、車にはバックミラーが付いている。

 

車輌による尾行が難しい点は、バックミラーにも理由があります。

 

歩いている場合は、後ろの様子を気にする必要はそれほどありませんが、車を運転する場合は定期的にまたは随時、後方の確認をする

 

必要があります。

 

この時に、尾行している車が視界に入り、その頻度が上がると怪しいと感づかれてしまうのです。

 

 

● 信号機の影響を常に受けている。

 

歩いて尾行している時には、信号や分岐点の手前では距離を縮めておくのが原則です。

 

でも、もし信号が赤になってしまっても注意して渡ってしまうとか、数メートル離れた箇所を横断してしまうとかが可能です。

 

でも、車輌の尾行中に信号が赤になり、尾行している車だけが停止してしまう事は、相手を見失う事につながります。

 

そのまま直進を続けてくれれば、青になってから猛スピードで追いかけて挽回する事も可能ですが、その間に右左折されて見失ってしまう可能性はあります。

 

そのため、車両による尾行では、赤信号の強行突破も場合によってはしなければなりません。

 

とても危険な行為です。

 

 

● 他の車両の影響を受ける

 

調査対象車と自分の車の間に適度に他の車が居る状態は、尾行をバレない為には都合の良い事です。

 

いざ、距離を縮めるとなった時に1台位ならすぐに、追い越して調査車輌に近付く事は可能です。

 

でも、予期せずに必要以上の車が間に入ってきてしまうと、尾行かやりにくくなります。

 

さらに、運転の下手な、緩慢な動きの車が間に入って来ると最悪で、尾行に支障をきたします。

 

 

● 人は簡単に変装できるが、車は簡単にはできない。

 

人も車も、尾行する時は複数後退しながら行えば、同じ姿を見られる事がなくなり、尾行されている印象が

 

もたれにくいです。

 

探偵1人で徒歩で尾行している場合、または、車両1台で尾行している場合を比べてみるとどうでしょうか?、

 

徒歩で単独で尾行している場合は、帽子や上着やメガネなどで簡易的な変装が可能です。

 

でも、尾行中の "車自体の変装" は現実的ではありません。

 

白い車は、白いままなのです。

 

だから、車両による尾行は難しいと言えるのです。