浮気 調査 群馬

探偵のイメージ

「探偵」、と聞いてどのようなイメージを持つでしょうか?

 

茶系のギンガムチェックのマントや帽子を身に纏った、黒物丸メガネの紳士的な男性が

 

大きな虫眼鏡で覗いている姿・・・・・・

 

または、

 

長身で髪の無がモジャッとして、黒い帽子をかぶってトレンチコートを着た、松田優作のような男性?

 

かなり、人によってイメージは違うと思います。

 

過去に見た、写真やドラマや映画の印象が残っていることでしょう。

 

また、得たいの知れない存在で、悪い事もする、というグレーなイメージをお持ちの方もいることでしょう。

 

 

 

探偵に依頼される調査の種類

 

探偵事務所や興信所に持ち込まれる相談や調査依頼には、どのようなものがあるのでしょうか?

 

調査の依頼が一番多いのは、「浮気調査」です。

 

その他、「結婚調査」「人探し」「いじめ調査」「行動調査」「素行調査」「身上調査」「身辺調査」などがあります。

 

 

浮気調査

浮気調査は、夫または妻が浮気をしていると疑ってその実態を調査するものです。

 

以前は、奥さんがご主人の浮気調査を依頼する事がほとんどでしたが、最近では、

 

夫が妻の浮気調査を依頼するケースも増えています。

 

浮気調査の最大の目的は、何年何月何日に誰とどこで浮気をしていたか、という事を

 

複数回実証する事です。

 

夫婦間で話し合って、浮気をしているという事実を認めたとしても、それは口約束にすぎず、

 

もう止める事を誓ったとしても、後日また再発してしまったりすると意味がありません。

 

また、相手の浮気を理由に離婚しようとする場合、慰謝料を取る事になると思いますが、

 

漠然とした証拠では、全く意味がありません。

 

ただし、これは、あくまで当人同士の話で、具体的な証拠がなくても、浮気を認めて謝罪し、

 

慰謝料も多く支払うというのなら、全く問題はありません。

 

ただ、実際には、そのような事は少なく、裁判にもつれ込む事も多いので、その場合は客観的な

 

証拠が必要になります。

 

客観的な証拠とは何でしょうか?

 

2人の肉体関係の現場の状況を写真や動画に撮ることですが、それはよほどの事がないと

 

難しいでしょう。

 

実際には、2人がラブホテルに出入りする際の写真や動画を撮影する事になります。

 

ラブホテル意外でで情事をする場合も考えられますが、浮気の証拠写真としては、ラブホテル

 

限定という不文律があります。

 

シティホテルの場合、気分が悪くなったのでホテルの部屋で休んでいた、とか 大事な打ち合わせ

 

があってホテルにいた、などという嘘をつかれた場合にそれを否定しにくいから、証拠としてはNGななのです。

 

また、証拠写真は最低でも2回以上必要です。 多ければ多いほど有効な証拠書類となります。

 

何故かというと、浮気というものの定義が、継続的な肉体関係の状態にあった事を指しているからで、

 

お酒を飲んだ後に、たった1回だけ肉体関係を結んでしまった、というのは、裁判では浮気として扱われないのです。

 

結婚調査

結婚調査は、結婚相手について調査する事です。

 

その内容は多岐にわたりますが、依頼者の予算や意向により、選択する事になります。

 

細かいところになると、両親の信仰する宗教は何か?、というような項目もあります。

 

これは、結婚が両家にとって親戚付き合いの始まりでもあるからでしょう。

 

また、両親の信仰が熱心であれば、その子息への宗教的な影響も大きいからでしょう。

 

交際時には、宗教を隠していて、結婚後にそれが発覚するケースなどを、結婚調査により予防する事ができます。

 

一番代表的な調査項目は、異性関係と金銭関係の調査でしょう。

 

自分との結婚を約束していながら、別の異性とも交際をしている、元の交際相手とまだ続いている、などという

 

事実がないかどうかを調べあげるのです。

 

また、趣味嗜好の一つとして、風俗店に通っているなどについても調べます。

 

金銭関係としては、借金の有無とギャンブル依存について調査します。

 

借金の場合は、どこの会社からいくら借りているか、など具体的に調べる事ができます。

 

結婚調査の方法としては、役所で入手する戸籍や住民票で確認する場合や、

 

張込み、尾行をして日々の実際の行動を調べるものがあります。